Concept
コンセプト
Concept

ローンと税の専門的なバックアップも充実

高所得の方の節税と資産形成を同時に叶えるために、東京で不動産投資のお手伝いを承ります。金融機関と連携したローンのアドバイスや、顧問税理士の協力を得た税のアドバイスなど受けられますので、初めて取り組む方でも安心して始められます。

節税と資産形成を同時に行う一石二鳥の投資

医師などの高所得の方は一見するとお金の心配は少ないですが、税金が高くなると言う心配が生じます。そこで大切なのが節税になりますが、不動産を購入して、運用を行うことも節税の一つです。物件の購入費用などを経費として計上できるだけでなく、運用による利益で長期的な資産形成も行えるので一石二鳥です。とは言え、ただ単に物件を買えば誰でもうまくいくものではないため、着実に行うのであれば、頼れるアドバイザーは必須です。ローンの知識を持った金融機関や税金の知識が豊富な顧問税理士など、専門的な知識のアドバイスを得ることも大切です。

手頃さだけでなく長期的な視点での物件選び

初めて不動産の運用に取り組む方は、手頃で買いやすいワンルームや1Kの物件に目を向けがちです。しかし、これらの物件は市場が限定されがちなので、運用を拡大したい場合などに手放しづらくなります。将来的な視点で考えるのであれば、1ldkや2ldkなどの物件の方がメリットが大きいです。物件選び一つでも、着実な運用を目指すためには様々なノウハウが必要です。不動産の運用に関するトータルサポートを承っており、物件選びのことからローンや税金のことまで幅広くアドバイスし、着実な運用でしっかりと資産形成ができるようにします。

金利に着目してより有利な運用につなげる

運用のための不動産はローンで購入し、少しずつ返済していきますが、ここで大切になってくるのが金利です。より低い金利でローンを組むことができれば、返済額を抑えられて、トータルに見てもプラスになります。金融機関としっかり連携して、不動産の運用に関するサポートを行っているため、ローンに関するアドバイスも手厚く行えます。新たに不動産の運用に取り組む方はもちろん、既に運用に取り組んでいる方からのご相談にも対応します。低金利ローンへの借り換えを行えば、収益の改善につながるので、運用がうまくいっている場合でも、そうではない場合でもメリットがあります。

医師などの高所得の方は、節税と老後のための資産形成を同時に行える不動産投資を行うのが適しています。所得が高いことに比例して税金も高くなりますが、不動産投資を始めれば、不動産の購入費用などを経費として計上できるので、税金の低減につながります。さらに息の長い運用で、将来の資産形成も行えます。金融機関や顧問税理士とも連携した、不動産投資のトータルサポートを東京で承ります。初心者の方でも安心して取り組めることを目指すだけでなく、既に取り組んでいる方の運用の改善などに関するご相談にも対応します。